2009年06月03日

2009年・雄島参り

090603_1.gif 今年も6/1、京都府舞鶴湾沖、冠島の雄島参りがありました。地元の野原・小橋・三浜地区の漁師さんにとって年に一度の特別なお祭りです。舞鶴の実家へ帰省して、今年も参加させてもらいました。高校のときの先生に橋渡しをお願いし、冠島オオミズナギドリ調査研究会の方々含め数名とともに。
 前日まで、全国的に雨続きの天候でしたが、この日はカラリと晴れて、絶好のお祭り日和♪
 今年は、三浜地区の漁船に乗せていただきました。美しい、三浜の海岸<写真1枚目>。

090603_2.gif 冠島に上陸。今年は6/1が月曜日だったので、昨年よりも船の数は少なかったのですが、ほとんどの船はこのように、漁船を沖に碇泊させ、小舟で島に渡ります(無人島で桟橋がないため)。この、各漁船の赤いのぼり旗を、老人島(おいとじま)神社に奉納するのです<写真2枚目>。
 そして、老人島神社で、神主さんが祝詞をあげて、今年も海の安全と大漁を祈願して神事が執り行われます。

090603_3.gif 厳かな神事のあと、版画家の田主誠さん作詞作曲の歌『勇気を出して〜オオミズナギドリによせて〜』を、地元の大浦小学校の生徒さんたちが合唱。神社に奉納されました<写真3枚目>。こどもたちの清らかな歌声が神社に響きました。
 冠島は、ここでも何度も紹介していますが、オオミズナギドリの繁殖地として、国の天然記念物に指定されている島なのです。…ただ、オオミズナギドリは昼間は海に出ているので、島には留守なんですけれどね。

090603_4.gif 神事のあとは、おまちかね(?)の直会(なおらい)。
 漁師さんが、私たちにも今朝とれたという大きな鯛のお刺身やアワビのお刺身、カメノテという貝のお味噌汁などをご用意してくださっていて、舞鶴に居たってなかなか食べられない美味しいごちそう、たくさんいただきました。贅沢、贅沢!!<写真3枚目>
 今年も海が安全で、豊かな海の幸に恵まれますように。
 そして、なかなか時間をとるのが難しくて、3泊4日のオオミズナギドリ調査には参加できないのですが…また調査にも参加させていただき、オオミズナギドリにも会いに行きたいと思います。
 ※雄島参りの様子は、2008年6月、2007年6月の記事にも載せています。また、オオミズナギドリ調査の様子は、2007年8月に記事を載せています。
posted by shizukay at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
念願の雄島参りが、ようやく実現できました。本当に天候にも人にも恵まれ、最高の一日でした。色々ありがとうございました。できれば今度はオオミズナギドリの調査にも同行して、島の中を色々探検してみたいです。
Posted by 川島堅二 at 2009年06月04日 09:56
川島さま、ありがとうございます!
今回は、ご一緒できてとても楽しかったです♪
今度はぜひ、調査もご一緒いたしましょう!!
Posted by shizukay at 2009年06月04日 14:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。